よくある質問

臨終を迎えた後、最初にどのようにしたら良いのでしょうか?

【ご自宅で亡くなられた場合】
1.かかりつけの医師を呼び、状況を確認してもらいます。
2.死亡診断書を受け取ります。
3.葬儀社へ連絡します。
※弊社へお電話いただければ、すぐに係員が伺い、ご準備させていただきます。

【病院で亡くなられた場合】
1. 医師から死亡確認を受けます。
2.死亡診断書をもらいます。
3.ご遺体を移送します。
※弊社へお電話いただければ、ただちに病院へ寝台車を手配し、ご自宅や式場へ移送をさせていただきます。

【事故で亡くなられた場合】【ご自宅で突然亡くなられた場合】
1.警察の指示を受けるまでご遺体を動かさないようにします。
2.警察の検死を受けて、死体検案書(死亡診断書)をもらいます。
3.許可が下りた後、ご遺体を移送します。
※警察からご遺体を移送する場合も、弊社へお電話いただければスムーズに移送の手配をさせていただきます。

死亡の連絡の際は、どのような順番でした方が良いのでしょうか?

まず、第一に別居の家族や親戚に連絡し、次に僧侶、葬儀社、故人の勤務先などに連絡します。
故人と特に関係の深かった人以外には、お葬式の日取りが決まってから連絡した方が良いでしょう。

喪家で葬儀社に用意するものはありますか?

1.役所「死亡届」用印鑑(シャチハタは不可)
2.遺影用写真
故人の人柄がとてもよく感じられるようなスナップ写真もしくは集合写真からとることもできますし、服を着せ替えることもできます。
3.お棺に納めるものの準備
ご遺体の回りに故人が生前愛用していた品物を一緒に入れます。
燃えにくいガラスや金属製品は入れるのを避けます。

遺影はすぐ用意できるものなのでしょうか?

お通夜に間に合うように、額入りの遺影をご用意させていただきます。プリントした写真や写真のデジタルデータ、最近ではスマートフォンで撮られたお写真からでも作成可能です。
元の写真が「ピントが合っている」、「大きく写っている」ほうが、きれいな遺影写真ができます。

通夜の際、親族の服装はどういったものが良いのでしょうか?

お通夜の席では、正式な喪服でなくても構いません。男性は黒のスーツ、女性は黒のワンピース程度で大丈夫です。
ただし、男性のモーニングは昼間の礼服なので、お通夜の席では着用しないように注意しましょう。

喪主はどのような人がなるのでしょうか?

喪主は遺族の代表として、故人に代わって弔問を受けることになります。通常は故人の配偶者か、既に成人し社会人として活躍している子供がつとめます。故人が子供の場合は、父母のいずれかが喪主になります。

葬儀の際、あらかじめどんなことが必要でしょうか?

1.本人のお写真の用意
2.お寺などの確認《宗旨・宗派、お礼の額、お墓(納骨先)》
3.本人の交遊範囲が分かるもの(年賀状、住所録)の準備
4.本人名義の金融口座
死亡届けを銀行に提出しますと、本人の口座は凍結され、引出し不能となります。
当面の生活費をはじめ、病院への支払い、葬儀関連費など、一時的に多額の現金が必要となりますので、事前に準備しておくと安心です。
5.ご予算:どのような内容で葬儀を行うか、そうび社にご相談いただければ、お見積りを行います。

葬儀に参列する際に必要なものは何ですか?

数珠、名刺、香典、白いハンカチなどが必要です。
また、女性なら小物入れなどの小さめのカバンを持つと良いでしょう。

香典返しはいつまでにすれば良いのでしょうか?

お香典のお返しは、忌明け法要の日の前後に挨拶状とともにお送りします。
忌明け法要の日は35日と49日のところがあり、宗派によって異なります。
尚、当地区では最近では葬儀当日にお返しをする<即返し>が一般的となっております。

「家族葬」とはどのような葬儀ですか?

家族葬とは、故人と家族のお別れの時間を大切にする葬儀のことです。葬儀への参列者を家族だけ、もしくは、ごく親しい友人に限った形式になります。
最近はこのような小規模な葬儀を行う方も増えてきましたが、参列者を呼ばないことで、注意をしなければならない点もあります。
後から葬儀のことを知った友人や知人が、週末ごとにお悔やみを述べに自宅に来てしまい、対応に追われてしまったり、「どうして知らせてくれなかったのか」と不満を言われることもあります。
事情(故人の遺志で、遺族の考えで、など)により家族葬で行うので、参列をご遠慮いただく旨をきちんと伝えることが大切です。
また、急なことで連絡が間に合わなかった場合は、葬儀後速やかに、ハガキなどで、家族葬を行った旨を連絡しましょう。

PAGE TOP

Copyright © 株式会社喪美社 メモリアルそうび All Rights Reserved.